「教習勉学」

教習勉学

教習所通いと合宿免許の違い

運転免許の取得の為に教習所通いや合宿免許を利用する方法があります。教習所通いをするメリットはスケジュールに合わせて講習を受けられる事です。スケジュールを自身で組む事ができますので、社会人の方でも仕事の都合に合わせながら講習を進める事ができます。一方の合宿免許のメリットは短期間での卒業が可能な事です。スケジュールが決められていますので短期集中で講習を受けなければいけませんが、その分、短い期間で卒業する事が可能になります。また、短期集中ですので知識や技術も習得し易くなるのです。合宿免許の場合は費用が安く済むのもメリットです。教習所通いの場合と比較すると数万円は安い料金設定となっており、お得に利用する事が可能になります。その他にも旅行気分を感じられるというメリットも挙げられます。ホテルなどの宿泊施設を利用して参加する事もできますので、快適な施設で過ごす事ができ、食事も楽しめるなどの魅力もあるのです。

合宿で教習所に通う場合。

自動車の免許をとる時期になったら、まずどこの教習所に通うかを決める必要があります。自分がとりたい免許を扱っている自動車学校を探す必要があります。また、通いなが免許をとるのか、もしくは、合宿でとるのかも決める必要があります。合宿で通う場合、まず期間が決まっています。その期間中は指定された宿に泊まることになり、毎日のスケジュールが決まっているので、それに従い授業を受けることになります。合宿だからといって、朝から夕方まで学科や実技がびっしりスケジュールに組まれる訳ではなく、学科や実技は1日に何時間までと決まっています。それなのでもちろん空き時間もでてきますが、普通に通っている教習生のように、キャンセル待ちをしたりなどということはなくなるので、オーバーしない限り、決まった日数で卒業できる仕組みになっています。教習所を卒業したからといって、すぐに運転できるわけではありません。本検を受けて、それに合格して、初めて免許証をいただける仕組みになっています。それは、通いでも泊まりでも同じことがいえます。

Favorite

Last update:2015/7/1

▲ページトップへ